社会人は通信制大学と大学院でキャリアアップ

通信制大学・大学院とは

PR

通信制大学・大学院とは

 

お金がないから、時間がないから、場所が遠くて、学びたくとも学べない! と諦めていませんか? 大学とは、昼間に通うイメージ通りの大学だけではありません。

大学通信教育部というのがあります。

それは何なのかというと、大学にスクーリングせず、いつでも、どこでも、誰でも学べるというスタイルの大学の学部です。例えば、高卒でそのまま社会に出たけど、働く中で学問をしてみたいと思った方や、時間があり何か教養を身につけたい方、生涯学習を志している人、何らかの事情で昼間の大学に通えない人など、どんな人にでも学びの場を与えてくれる場所です。44大学、27大学院、11短期大学が通信教育を行っています。(放送大学を含む)

一例を挙げれば、あの早稲田大学も通信教育部(eスクールという名称)を採用しています。 つまり、通信教育部を卒業すれば天下の早稲田卒業生になれるわけです! 老若男女問わず、再学習・生涯学習など様々な理由で大学通信教育部は使われています。 だから、大学の通信教育部を考えないのはもったいないですね。

履修科目の実用法例


もし、サラリーマンで営業をやってらっしゃる方なら、
営業 + マーケティング論
という風に学べば、営業の手法をより合理的に変化できるでしょう。
もし、社内で人事畑なら
人事 + 心理学
で、社内の風紀やモチベーションを保てる人材へ。
もし、経理なら
経理 + 税法
もし、話の話題を高尚にしたいなら
純文学を学んだり。
というように、お金・時間がない、場所が遠いという方でも、その人の幅を広げるに最適なのが大学通信教育部というわけです。 このページでしっかりと情報を集めていただければと思います。 -

通信制大学・大学院とは記事一覧

なぜ今通信制大学なのか?5つのメリット

1990年代では進学率が30%ちょっとだったのが、2000年代では50%程度となっています。大卒というのはエリートの象徴だったのはもはや昔の話。今では、行ってて当たり前という時代になっています。そんな中で通信制大学というのが今、スポットを浴びています。一般の昼間通学大学とは違う通信制大学で、興味をお...

≫続きを読む

 

社会人にとって選び方のポイントは?

卒業要件は?社会人が通信制大学で学ぶ場合、目的が明確になっていることでしょう。その際、ご自身が学びたい学問とマッチしているかどうかが重要です。更に、学びたい領域と仮に合致していたとしても、学部であれば卒業要件にあまり興味の無い科目の単位を取らねばならないかもしれません。あまり時間の無い方であれば尚更...

≫続きを読む

 

大学通信教育部の入学の仕方

「@出願資格を満たしてA出願してB面接してC終了」というのが一般的。 場所によっては一定のテストを課すところもありますが、一般的にはこの4つが終われば入学が許可されます。一番の注意点は@の出願資格に関してです。 通信教育部に1年次からの入学なのか、それとも通信教育部に3年次からの転入なのかで取得単位...

≫続きを読む

 

通信制大学の奨学金

通信制大学をお考えの方の多くは、社会人・主婦、キャリアチェンジのために一度仕事をやめられた方、仕事を引退されて第二の人生を歩みだされた方などだと思います。もちろん、10代20代前半のお若い方もいらっしゃいます。通信制大学の学費は、初年度納付額が200,000円から300,000円程度と通学制の大学よ...

≫続きを読む

 

学部・学科選び

高校では文系/理系というわけかたしますが、大学に入ると @ 人文科学系A 社会科学系B 自然科学系という分け方をするのが一般的です。それぞれの違い 簡単にざっくりと誤解を恐れず言ってしまえば、人文科学系は人間とはどういうものなのか、どういう動きをするのか研究する学問です。だから、その系列には文学部、...

≫続きを読む

 

大学通信教育部の学費

例えば慶應義塾大学の法学部(昼間)で初年度納付金は約126万円!です。 ところが慶應義塾大学通信教育部は何と13万円!です。(スクーリングやテキストには別途経費がかかりますが・・・) これは慶應の通信に限らずどの大学もそれくらいの学費で1年間学べたりします。 だから、最短で卒業できれば60万くらいの...

≫続きを読む

 

放送大学とは

概要第一線で活躍されている優秀な教授陣が、講義をしてくれる放送大学。教授陣のレベルの高さと人材の豊富さに定評がある。誰でも受講できるからと侮れない大学。 その数300という講義数の多さが魅力。大学院も併設されている。 学士を目的とした受講の仕方のほかに、1科目の選択科目だけの単科受講もできる。そのた...

≫続きを読む

 

大学通信教育部の難易度

大学通信教育部の入学についていえば、それほど難易度は高くありません。しかしながら、別のページでも書いているように卒業するのがやっぱり大変です。中々卒業できない通信教育部だからこそ、卒業する価値があるのです。大学通信教育部の卒業率簡単に言ってしまえば、卒業率  >>>>>  入学率といった感じです。^...

≫続きを読む

 

大学通信教育部で得られる資格

@普通の大学卒業の資格(大卒つまり学士資格) 大学通信教育部だからと言って、昼間の学部卒業と差別されるものでもなんでもありません。れっきとした大卒・学士資格が得られます。日本の大学は一般的に「入学が難しく、卒業が易しい」と言われますが、大学通信教育部は逆に「入学は易しめで、卒業が難しい」とよく言われ...

≫続きを読む

 

通信教育部の留意点

通信教育部のコンセプトは大学の2部に似ているところがあります。つまり、仕事や家事・育児その他で忙しい方でも学問を出来るように環境を整えることです。ベネッセのチャレンジやZ会などを思い出して貰えば分かり易いでしょう。毎月、定期的に教材が届けられてそれに解答して返送して貰う、という流れで行います。そのた...

≫続きを読む

 

通信教育部のデメリット

昼間の大学と違って卒業にかかる平均年数がかなりかかります。メリットの裏返しでもありますが、いつでも、どこでも好きなときに学習できるということは、やらなければやらなくてもいいのです。その結果、平均卒業年数は7年ほどになっています。どうしても、会社と両立しながら大学へレポートを提出することになります。自...

≫続きを読む

 

通信教育部に向いているタイプ

逆に目的意識がはっきりしており、何をするためにそこにいくのかという問いに自らちゃんと答えられる方であれば、老若男女問わず有益なものになります。であれば、高校卒業後の進学先に考えてもいいのかもしれません。近年では、生涯学習・再教育の高まりや労働市場での自分の価値を高めるためにもう一度大学へ!という事が...

≫続きを読む

 

これさえあれば大丈夫!外出先で単位を取得するための2つの最強ツール

学生時代にはあまり考えていなかったけれど、社会人になってから仕事の幅を広げるために取得しておいたほうがいい資格はいっぱいありますよね?教職や社会福祉士、学士卒の資格など通信教育部で取得できる資格は沢山ありますよね。キャリアアップにはもちろんキャリアチェンジにも使えます。ですが、通信制大学は卒業率がヤ...

≫続きを読む

 

PR

なるには進学サイト

 




「なるには」で無料!資料請求

通信制大学の資料請求の仕方はご存知ですか?一般的には中々知名度の薄い通信制大学ですのでどこから請求すればいいか分かりづらいと思います。また、気になった大学が複数出てきた場合ひとつひとつの大学に資料請求していたら大変じゃありませんか?

人気の大学・専門学校・通信制高校が満載!【なるには進学サイト】で簡単資料請求というサイトでは、気になったジャンルで検索して一括資料請求が出来ます。特にメンドクサイ情報の打ち込みは一回ですみます!それに一つのサイトしか通さず請求しますので情報が最小限で済みます。もちろん基本は無料で請求できますので是非使ってみてください。(一部大学は送料を必要とします。)


1.通信制大学で検索しよう
なるには


2.気になる学問ジャンルで検索してみよう
なるには


3.下にスクロールして請求ボタンから請求してみよう
なるには
なるには




なるには進学サイト

ホーム RSS購読 サイトマップ
通信制大学・大学院TOP 通信制大学の一覧 通信制大学院の一覧 お問合せと免責事項