社会人は通信制大学と大学院でキャリアアップ

学部・学科選び

PR

学部学科選択

 

高校では文系/理系というわけかたしますが、大学に入ると @ 人文科学系

A 社会科学系
B 自然科学系
という分け方をするのが一般的です。

 

 

それぞれの違い 簡単にざっくりと誤解を恐れず言ってしまえば、人文科学系は人間とはどういうものなのか、どういう動きをするのか研究する学問です。だから、その系列には文学部、心理学部、歴史系学部、言語学系学部、哲学系学部などがあります。 2番目に、社会科学系は社会そのものを研究します。人と人が集まって作られる集団が社会といえるので、その社会とはどういうものなのか、どういう動きをするのかなどを研究します。だから、法学部、政治学部、経済学部、商学部、社会学部といった学部があります。 最後に、自然や主に人間以外の研究をするのが自然科学系です。その中には、理工学部などがあります。 かなりざっくりした定義でしかも間違えてる可能性もあるのでそこはあしからず^^; いずれにせよ、どの大学を選ぶにせよ自分がその大学の通信教育部で何を学ぼうとするのか、その目的をはっきりさせて学びに行きましょう。

 

大学の通信教育部に何を求めますか?

通信教育部は、かなり専門的な世界で何をやっているのか見えづらい側面があるかもしれません。しかし、通信教育部を用いることで多種多様に開けた世界観を得ることが出来ます。

 

特に、教育免許や看護師免許のような国家資格をはじめとして各種検定・資格を取るのに向いている学部があります。特にその中でも学校の先生を志望してキャリアチェンジのために社会に出てから免許を取りたくなる人も多くいると思います。たとえば、、学校の先生になりたい|社会人のための教職のページでは、キャリアチェンジするときの免許取得方法を述べています。

 

そのような資格取得や、大学の卒業資格である学位や取得にこだわらずある特定の分野の知識だけを取得したい場合にもとても有用です。たとえば、産業能率大学でご紹介しております、産業能率大学は実は地味にアツい大学です。

 

特に、マーケティングといった分野ではかなりの強みを発揮されています。このように、ニッチな分野から資格取得まで多岐に渡る選択肢を得られるのが通信教育部の魅力です。また、学費も当然ながら昼間の通学制とは違い大幅に安くなります。

 

科目履修生として登録した場合、2万円程度で1セメスター授業を受けられますよ。マジで安い♪@@

PR

なるには進学サイト

 




「なるには」で無料!資料請求

通信制大学の資料請求の仕方はご存知ですか?一般的には中々知名度の薄い通信制大学ですのでどこから請求すればいいか分かりづらいと思います。また、気になった大学が複数出てきた場合ひとつひとつの大学に資料請求していたら大変じゃありませんか?

人気の大学・専門学校・通信制高校が満載!【なるには進学サイト】で簡単資料請求というサイトでは、気になったジャンルで検索して一括資料請求が出来ます。特にメンドクサイ情報の打ち込みは一回ですみます!それに一つのサイトしか通さず請求しますので情報が最小限で済みます。もちろん基本は無料で請求できますので是非使ってみてください。(一部大学は送料を必要とします。)


1.通信制大学で検索しよう
なるには


2.気になる学問ジャンルで検索してみよう
なるには


3.下にスクロールして請求ボタンから請求してみよう
なるには
なるには




なるには進学サイト

学部・学科選び関連ページ

なぜ今通信制大学なのか?5つのメリット
社会人がもう一度学びたい!そう思ったとき一度はあがるのが通信制大学です。通信制大学とは何かを徹底解明
社会人にとって選び方のポイントは?
社会人がもう一度学びたい!そう思ったとき一度はあがるのが通信制大学です。通信制大学とは何かを徹底解明
大学通信教育部の入学の仕方
大学通信教育部の入学方法をまとめます。
通信制大学の奨学金
通信制大学の奨学金をまとめます。
大学通信教育部の学費
通信制大学の学費はいくらぐらいでしょうか。まとめてみます。
放送大学とは
通信制大学のさきがけ、放送大学。名前は知っていても何をやっているのか分かりづらい、そんな人は多いのではないでしょうか。
大学通信教育部の難易度
大学通信教育部で得られる資格
通信教育部の留意点
通信教育部のデメリット
通信教育部に向いているタイプ
これさえあれば大丈夫!外出先で単位を取得するための2つの最強ツール
時間を有効活用するためには一日の中の無駄な時間をなくしたいはず。このツールを用いることで一日の中に無駄な時間はなくなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
通信制大学・大学院TOP 通信制大学の一覧 通信制大学院の一覧 お問合せと免責事項