社会人は通信制大学と大学院でキャリアアップ

高卒認定

PR

高等学校卒業程度認定試験(高認)

高認を受ける高校生

何かしらの事由で、高等学校に進学しなかった者や中途退学された者を対象とした、高校を卒業したものと同じ学力を有すると証明するための学力試験。

これに合格することで、大学を受験するための出願資格を満たすことが出来ます。かつては、大学検定(大検)と呼ばれていたものが制度変更で、現在の名称になっています。中には、高校が下らないと言って、ワザと高校中退して高認(旧大検)を受けて自分のペースで大学に受かる者も少なからずおりました。唯我独尊。

 

日本の学歴社会はメンドクサイシステムでがんじがらめ。個人的には、そんな出願資格なんて取っ払ってしまって、単純に大学受験の学力試験だけで決めても良いのでは?と思ってしまいますけど・・・

 

いずれにしても、大学受験を受けるためには、出願資格を満たしておかねばなりません。そのための一つの満たし方の認定試験です。

高卒認定試験への名称変更の目的

もともと旧名称は、大学検定、通称大検と呼ばれておりました。しかし、2005年に現状の名称へと変更になりました。理由としては、なんらかの理由で学校で学習を継続していくことが厳しくなった人の、高校卒業をしたことを強調することがあげられます。

 

 

どうしても、大検だと高校をパスしたというよりは大学受験資格がありますということが前面に出てしまいます。印象としても、大検よりは高卒認定と呼ばれたほうが高校を卒業したのねという相手の印象があるかと思います。

 

 

大学受験だけを視野に入れるならば名称は、どちらでも良いのですが卒業した後就職する場合、最終学歴の表記が大検なのか高卒認定なのかは大きな違いに感じられるかと思います。実際、企業からの評価・認知度は名称変更後あがっているようです。

 

 

高等学校卒業程度認定試験合格者の企業等における扱いに関する調査の結果について   (文科省のページ)

 

 

 

実施日は、年2回、8月と11月にあります。100点満点中40点以上で科目取得になり、必要とされている単位数以上を取得すれば試験合格となります。

PR

なるには進学サイト

 




「なるには」で無料!資料請求

通信制大学の資料請求の仕方はご存知ですか?一般的には中々知名度の薄い通信制大学ですのでどこから請求すればいいか分かりづらいと思います。また、気になった大学が複数出てきた場合ひとつひとつの大学に資料請求していたら大変じゃありませんか?

人気の大学・専門学校・通信制高校が満載!【なるには進学サイト】で簡単資料請求というサイトでは、気になったジャンルで検索して一括資料請求が出来ます。特にメンドクサイ情報の打ち込みは一回ですみます!それに一つのサイトしか通さず請求しますので情報が最小限で済みます。もちろん基本は無料で請求できますので是非使ってみてください。(一部大学は送料を必要とします。)


1.通信制大学で検索しよう
なるには


2.気になる学問ジャンルで検索してみよう
なるには


3.下にスクロールして請求ボタンから請求してみよう
なるには
なるには




なるには進学サイト

高卒認定関連ページ

専門職大学院
1年生大学院
独立大学院
インターネット大学院
連合大学院
放送大学大学院
科目等履修生
サテライトキャンパス
シラバス
セメスター制
クォーター制
単位制学費
長期履修制度
聴講生
編入学
学士入学
研究計画書
推薦状
卒業論文
研究論文
面接
専門科目
書類審査
小論文
口頭試問
志望理由書
エッセイ
英語(試験科目)
奨学金
教育訓練給付制度
割引制度
学費
会計大学院
法科大学院
臨床心理士指定大学院
理工学研究科
国際協力研究科
MBA
MOT
ディスカッション
グループワーク
正規入学
臨床心理士
通信制大学・大学院
新司法試験
真正未習者
新司法試験の不合格者
CAO(最高会計責任者)
CFO(最高財務責任者)
内部監査人
監査人
財務会計担当
コンサルタント
公認会計士試験科目免除
一般入試
社会人入試
AO入試
人物重視型入試
ビジネススクール
公共政策
知的財産
IT
遠隔教育
通信教育過程
eスクール
ゼミナール
夜間大学院
昼夜開講制大学院
春入学
秋入学
大学院対策予備校
日本学生支援機構
国の教育ローン
オリエントコーポレーション
TOEIC
TOEFL
GMAT
学士過程
修士課程
博士課程
スクーリング
コンソーシアム
クリエイティブスクール
教職大学院
OPAC
出願資格
大学入試の出願資格(受験資格)の詳細は意外と知られていません。
大学全入時代
大学全入時代とは? そしてその背景。
資格の種類
大学は社会人にも実は大きく門戸を開いています。働きながら学べるという環境があることを知るための基礎用語集をご説明します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
通信制大学・大学院TOP 通信制大学の一覧 通信制大学院の一覧 お問合せと免責事項